ホーム>企業情報>ごあいさつ


ごあいさつ

 

日本の会社を元気にする一番の力へ 代表取締役社長 辰巳 崇之のごあいさつ

当社は、日本の会社を元気にする一番の力へ。という経営理念を掲げ、全国400万社ある中小零細企業の様々なニーズ、経営上のお悩み、問題や課題に対し、トータルビジネスパートナーとしてお客様を支え、日本経済を活性化させる原動力になることを中長期的なビジョンとし、活動しております。

ビジョンの具現化に向けて、当社は、様々な事業を展開しております。

先ずお客様の「今」に向けたサービスとして、

① オフィス環境効率化による生産性の向上とコストダウン
② 経営支援サービスによる経営の効率化や経営状況の可視化

次にお客様の「未来」に向けたサービスとしては

③ 販売支援サービスによる売上向上施策のサポート

大きく分けて3つの事業ドメインを展開しています。

中小零細企業の経営者様における煩雑な手間やお悩みごとに耳を傾け、それら顧客ニーズを形にしたものが、現在の当社におけるビジネスドメインの基盤となっております。

一方で、世の中のニーズは目まぐるしいスピードで変化を続けており、そのスピードに追いつくことは決して容易なことではありません。当社はそのスピードに追いつくのではなく、その一歩先を行き、「本質的な意味でお客様の為になるサービス」をご提供していくことが使命だと考えており、お客様に「ご満足戴ける、選んで戴けるサービスとは何か?」をこれからも追求し続けます。
もし、当社がOA機器の販売だけで、保守・メンテナンスを他社に任せていたら、お客様の声に耳を傾けることもできなくなり、結果的に「お客様にご満足戴けるサービス」を追求することもできなくなってしまうと考えています。

当社の顧客層である零細企業には、「雑務を社長自らが行う」という課題が存在しています。社長本来の仕事は、企業経営全体の経営理念やビジョンの構築、その戦略遂行であるべきですが、雑務に時間をとられていることが多いのが現状です。特にお客様からの相談が多いのは、会計や税務、人事や労務の分野です。そこで当社では士業の専門家と連携して、お客様からの相談ごとに対応するソリューションサービスを手がける体制を整えました。

もう一つ新たなサービスは自社企画商品、UTMならびにサーバー機器の販売です。今、中小零細企業の情報セキュリティ対策は重要な経営課題です。社内のITシステムを片手間で管理している企業は、ウィルス感染に気付いた時の適切な処理が迅速に行われず、二次感染をまねいたり、解決に多大な時間を要して業務に支障が出るリスクがあります。ここでも機器の販売だけでなく、保守・メンテナンスを通して、お客様に対する密接なサービスが提供できます。

当社のUTMならびにサーバー機器は、いわば顧客のニーズから生まれたマーケットイン型の商品です。機器の販売を行い、システムサポート事業を通して顧客ニーズを吸い上げ、それを商品企画に生かしていく、循環型ビジネスモデルを構築しています。

経営理念「日本の会社を元気にする一番の力へ。」を掲げ、ビジョン実現に向け、チャレンジを続けて参ります。

代表取締役社長
辰巳 崇之

 

ページトップへ